--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.12.20(Sat):BIS通信
BISでGVをこなしていくうちになんとなくわかったBISのGVで立ち回りを書いてみる。

基本支援を切らさないこと。

暇があれば常に掛け直して行く方がよい。

天使からの変身したてはアーチの有無で上書きできるかどうかが変わるので注意。

オートスキルはアーチは絶対。

エレメかレストかはPT編成による。

知識がいる場合でなおかつジャッジの使える天使がPT内にいる。

上記の場合であればエレメをつけるべき。

それ以外の場合はレストをつける。

仮に相手に雨がいても痛くない。ミラをすればPTMに大きな被害がないのであればBISでいる必要はあまり感じない。最初のアーチ有りでの支援が切れる頃にPTのピンチが来るため、そこらへんの配慮が必要。

天使になればすることはコールとディスペとジャッジの3つ。

コールでのPTの位置取りでWIZのアスヒのしやすさが変わったり、死なせないためのコールができたりと、タイミングや位置取りが重要になると思う。

相手PTの右側に位置取りをしたり、障害物などで自分のPTの左側を取らせない工夫が必要。また他にもPTがあるならお互いに近くに位置取りをする必要がある。

ディスペは心臓を使ってる人にはしない。
花を連打しているようなアチャやWIZを中心にディスペ。
BISや武道なんかにも有効。

ジャッジ
足止めをされている人や花投げをされたなど
PTMに万病を振り撒く効果のあるジャッジをGVで多用する。
兎で逃げるプリの回避率をさげる効果もあるため、天使をするならジャッジは必須スキル。

卵は割愛。
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://takachie.blog63.fc2.com/tb.php/437-05d58554
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。