--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.21(Thu):旧日記
最近、脳外(脳出血と動脈瘤)と交通外傷(俗に言う交通事故)の急患が多いです。。。
脳外は季節の変わり目に多いのですが・・・最近寒くなってきましたからね^^;;気温の変化で脳の血管が縮んだりして血管が破裂してしまうのです・・・。みなさんは大丈夫だと思いますが・・・おじいちゃんやおばあちゃんは危ないですよ(*´ノェ`)コショーリ 特に血圧が高い人や動脈硬化の進んでる人は要チェック。。外に出るときは掛け物で調節して、お風呂に入るときはすぐに入らず体を気温の変化に慣らして入ることをお勧めします(*´ノェ`)コショーリ
交通外傷ですが・・・シートベルトの有無でこの先の人生が変わるのでシートベルト着用をお勧めします・・・。リアルにシートベルトをしている人は骨折したところを整形外科的に手術をすればいいだけですが。。。シートベルトをしていない人は脳外の手術もしなければなりません・・・。どこの病院でもそうですが・・・脳外の手術は一時の延命措置程度で考えていた方がいいですよ・・。残らないようにはしますが、ほぼ確実に言語障害や麻痺などの症状が残ってしまいます。繊細な脳の操作ですから仕方ないといえば仕方のないことかもしれません^^;;ちょうど交通マナーの時期なのでみなさんも自分の命を守るための物なのでぜひ活用してください^^


皆さんは中途半端に生き残りたいですか??
私はNOです。現実を見ているので。。。中途半端に生き残らせるくらいなら殺してください・・・。これを見るとなんて冷たい奴だ!っとお思いの方もあるかもしれませんが・・・。実際をお話しましょう・・。自分か家族がそうならない限りわかりませんからね・・・
実際に私は何人の人にも殺してくださいと訴えられました・・・。そういう状況なのです・・・。

中途半端に生き残るということは・・・
まず自分でしっかりとした呼吸をすることができません。
そのため人工呼吸器という機械を通じて呼吸をするわけです。人工呼吸器にはいろいろな設定があります。まったく呼吸が出来ない人には人工呼吸器が完全に呼吸を管理します。ある程度呼吸のある人にはその人の呼吸に合わせて足りない分の呼吸を補ってやることが可能です。
この人工呼吸器ですが。。。のどにチューブを入れないといけません。。。このチューブですが。。。限界が2週間です。2週間以上同じチューブを使うと肺にばい菌が入りやすくなり肺炎などの病気を併発します。当然そうなりにくいように口の消毒をしますが、、、目立った効果はありません。最終的にのどに穴を開けそこから呼吸するようになります。この穴は閉鎖可能ですが。。。大体の方は閉鎖することなく、亡くなってしまいます。
こののどにチューブを入れることですが。。。のどに物が詰まっているのと同じことなので当然しんどい行為です。そのしんどさを緩和するために、ぼーっとする薬を使うわけですが・・・。上記にもありますがそんなにすぐによくなるわけはありません。長い人はこの状態を2ヶ月近く続ける人もいます。その間まったく動かないわけです。。。当然、筋力は衰え、関節は硬くなり、動けなくなります。
えぇ。。。この状態で仮に良くなったとしても社会復帰は当分先でしょう・・・。しかもこういう状態になるのは高齢者・・。もうリカバリーする体力はありません。。。予後はお察しです。

こういった患者さんをお抱えの方は担当医師としっかり話をし、今後の治療方針を確認した方がよいと思います。少しでも長く生きていてほしいのか。。。それとも患者本人の意思を尊重するのか。。。最終的に決めるのは医師ではありません。患者さん自身であり、家族なのです。
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://takachie.blog63.fc2.com/tb.php/92-ed0d7e34
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。